シャワーを徹底比較し厳選!サーモスタット

これがあるのと無いのとでは作業的に大違いです。このため屋外にある家全体のバルブを止める必要がありましたがそこに気づくまで散々探しまくりました。WPPでなくてもプライヤーでも行けそうですが!WPPの方が挟む力が強いので安心して引き抜く事が可能です。

こちらになります♪

2018年01月16日 ランキング上位商品↑

サーモスタット シャワー【全品送料無料・即納!】●[A-4191-1]INAX/LIXIL サーモスタット付混合水栓用シャワーバス切替弁部

詳しくはこちら b y 楽 天

作業時間は合計で30分も行かない程度でした。ちなみに作業を業者に頼むと1.3万円〜と言われましたので自分でできそうな方にはお勧めです。しかしやはり他のみなさんが書かれているように切換弁本体が固着してて簡単には外れませんでした。ここでもWPPがないと作業できなかったです。部品取り寄せたあとにウォーターポンププライヤーが無いことに気づき慌てて近くのDIYショップに買いに行きました。作業自体はそれほど難しくないですが!本体が古いと力がいる作業ですので女性の方は力のある方にお願いした方がいいと思います。家のシャワーからポタポタと水滴が落ちているのが1年くらい気になってました。またお願いします。。1280円(税別)でした。交換手順はレバーハンドルのカバーをマイナスドライバーで外しハンドルを取り外します。説明書にはレバーハンドルを一度取り付けて引っ張るように書かれてましたので、その通りやりましたがハンドルを引っ張ると簡単にハンドルだけ外れてしまいます。ウォーターポンププライヤーを購入をおすすめします。ネットで調べると「切替弁を交換すると止まった。注意点としてはシャワーの水を止めるためのバルブを探したのですが私のタイプは手元にバルブのないタイプでした。ただ!失敗すると風呂だけでなくトイレ!キッチンも使えなくなる可能性がありますので注意が必要です。値段の割には小さく「えっ」て思いましたが!簡単に交換できスムーズに動き水漏れしなくなり満足です。もし屋内のバルブが見つからない場合はすんなり屋外のバルブを止めれば問題ないです。軽く動いたので、再びプラハンで軽く叩いてからWPPで挟んで力一杯引っ張るとすっぽり抜けました。ここでウォーターポンププライヤー(以下WPP)が必要になりWPPで反時計回りに回すと外れました。」というコメントが多く部品の番号を調べ思いきって購入。交換は、付属の説明書を見ながら簡単にできました。どうしようかと悩んだ挙句!一度プラハンで軽く奥側に叩き!頭の丸い部分をWPPで引っ張りました。シャワーを出すときのレバーを回すのも軽くなりました。最後に交換後はレバーハンドルも軽くなり快適になって満足してます。ポタポタと水漏れしていたのがなくなりました。説明書通りにはずしていくと!ナットの部分で固すぎてモンキーレンチでははずせませんでした。あわててウォーターポンププライヤーを買いに行き、ナットをはずすとあっという間に外れました。後は交換する切換弁を取り付けて固定ナットで締め付ければ完了です。私もシャワーヘッドからのポタポタに悩まされて、止水付きのシャワーヘッドに変えたりしてやりくりしてましたが今回他の方々のレビューを参考に交換してみました。その下の装飾部品を外し固定ナットが回せる状態にします。